まめりんご

暮らしの豆知識をわかりやすく

季節の行事・観光

初詣は神社と寺どっちに行くべき?厄払いに両方はしごはおかしい?

投稿日:

新しい年の平安と無事を願う初詣

初詣

キリリと空気が澄んだお正月、神聖な場所で
手を合わせると、きっといい一年になる!
と希望で胸が膨らみますよね。

初詣はどこへ行っても混雑していますが、
それだけによりご利益のある場所に行きたいもの。

お願い事をするなら神社?
厄年のお祓いならお寺?
それとも両方はしごしちゃう?!

初詣は神社とお寺どっちに行くべきか、
両方行くのはありなのか?

そんな疑問にお答えします。

  

初詣は神社とお寺どっちがいい?

大晦日はお寺の除夜の鐘を聞いて煩悩を払い、
元日に神社で新年の開運招福を願う。

私はなんとなくこんな印象があるので
初詣にお寺っておかしいように思うのですが、
初詣にお寺に行く方も多いですよね。

初詣にお寺に行くのはなぜ?
神社とお寺、どちらに行くのが良いのでしょう?

そもそも初詣とは?と調べてみると

正月、その年初めて社寺に参詣すること

とあります。

社寺、つまり神社と寺院両方ですね。
どちらもあり、ということです。

明治初期に神仏分離が行われる以前の日本には
「神仏習合」という神様と仏様を一緒に敬う
という考え方がありました。

今でも神社の中にお寺があったり、お寺の中に
社(やしろ)があったりしますよね。

初詣の参拝者数ランキングトップにも

・川崎大師 (神奈川県)
・成田山 新勝寺(千葉県)
・浅草寺(東京都)

と毎年お寺が入っています。

(関東のお寺ばかりなので、初詣にお寺へ
 参詣するのは関東に多い習慣なのかも
 しれませんね。川崎大師と成田山は鉄道
 沿線にあり鉄道会社が終夜運転などで
 宣伝した効果も大きいと言います。)

地域によっては初詣にお寺には行かないという
風習もあり、伝統行事なのでその土地の習慣に
従うのも大切だと思いますが、基本的に

初詣は神社に行っても寺院に行ってもどっちでもいい

ということになります。

また「初詣」には三が日中、とか松の内に、
という決まった期間があるわけではなく、

新年を迎えてから初めての参拝が「初詣」

になるので混雑する正月休み中に済ませなくては
いけない、ということでもないんですって!

厄払いに神社とお寺両方行きたい

今年はどうやら「厄年」らしい。

厄年ってやっぱり色々あるみたいだし、
厄払いで有名なお寺、毎年初詣ランキング上位
に上がる成田山新勝寺や川崎大師平間寺に
お参りして、厄除けのお札をもらってきたい。

でも、毎年の習慣で初詣は家族みんなで
地元の神社にお参りしてきちゃった。

正月休みのうちにお寺に厄除けに行きたいけど、
神社で初詣した後、お寺に行くってどうなの?

神社の神様とお寺の仏様両方にお参りすると
欲張り!とバチが当たったりするんだろうか?
とちょっと心配になりますよね。

神職の方のお話によると、神社とお寺の
両方に参拝しても、特に問題はないそうです!

自分に必要なご利益がある神社とお寺、
両方にお参りしても大丈夫です。

ただ、神社とお寺では参拝のルールが違いますから、
そこはきちんとわきまえておきたいですね。

お寺ではパンパンと柏手を打つことはしません。
寺院によって違いはありますが、基本的に

・山門で一礼する
・手水舎があれば手を洗い口をすすぐ
・香閣(こうかく)の線香の煙でお清めをする
・お賽銭をいれ鰐口があれば鳴らす*
・手を合わせて一礼する(合掌一礼)
・山門を出たら本堂に向かって一礼

*鰐口(わにぐち)とは、神社の鈴のようなものです。

*南無阿弥陀仏、南妙法蓮華経などお題目を
 唱えるように書かれてあれば唱えます。

神社とお寺をはしごしてもいい?

朝神社に初詣に行って、その日のうちに
遠方の厄払いで有名なお寺にも行きたい。

神社とお寺のはしご

をしたい場合はどうなのでしょう?
同じ日に神社とお寺両方、となると流石に
ちょっと不謹慎でしょうか?

これも全く問題はないそうです。

考えてみたら、お正月に七福神めぐりしましょう!
とか、六地蔵巡り、四国八十八ヶ所巡りなど、
一日に数カ所のお寺や神社にお参りするのは
よくあることです。

京都や奈良など、観光旅行でも1日に何箇所も
お寺や神社を周ってお参りしますよね。

ご利益がなくなることはないので、安心して
お参りして下さいということです。

「はしご」というと言い方が悪いですが、
巡拝」と考えれば問題ないとわかります。

複数の神社、お寺を参拝・参詣するときは、
祀られている神様、仏様への感謝を忘れず
それぞれの場所で作法を守ってお参りすれば

一日に複数の神社仏閣をお参りしても構いません

まとめ

初詣は、神社、お寺、どちらに行っても構いません。

自分の願い事に合ったご利益のある神社仏閣で
昨年の感謝を捧げ、新しい年の無事をお祈りしましょう。

厄年なので厄除けに行きたい、など必要があれば
同じ日に神社とお寺両方にお参りしても構いません。

神社とお寺では参拝のルールが違いますから、
そこはきちんとマナーを守るようにして下さいね。

-季節の行事・観光
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

感謝 敬老の日

敬老の日のプレゼント初孫の赤ちゃんから祖父母に贈るべき?

赤ちゃんが生まれて自分が親になったら、 自分の親にとって赤ちゃんは「孫」になり 自分の親は赤ちゃんの「祖父母」になりますよね。 これからは自分の両親が赤ちゃんの 「おじいちゃん、おばあちゃん」 になる …

十三夜 イラスト

十三夜とはいつ?意味とお供え

十五夜のお月見をしたら、 十三夜にもお月見もしないと 「片月見(かたつきみ)」 になって縁起が悪いんだって! と聞いたことはありませんか? 十三夜っていつ? 何をすればいいの? 歌や小説のタイトルとし …

仏壇

お彼岸に仏壇のお参りマナーを確認!おりんをチーンは間違い?!

昼と夜の長さが同じになる「秋分の日」は 七日間ある「秋の彼岸」のちょうど真ん中です。 太陽が真西に沈む秋分と春分は、 亡くなったご先祖様をしのぶ大切な日。 お墓参りには行けなくても、お仏壇に 手を合わ …

青森ねぶた

ねぶたにハネトで参加!衣装の着方と持ち物、跳ね方【動画あり】

青森県青森市のねぶた祭りは、地元の人だけでなく 観光客も「ハネト」として参加できるお祭りです。 ねぶたは見るより参加するのが絶対楽しい! という声も多く、青森にねぶたを見に行くなら ぜひハネトになって …

クリスマス魚料理

チキン嫌いのクリスマスメインディッシュお魚&シーフード編

チキンが嫌いな家族や彼、彼女に おすすめのクリスマスのメニュー。 お肉編 に続いて魚(シーフード)の メインディッシュを紹介します。 クリスマス料理というとチキンや ローストビーフが思い浮かびますが、 …